メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

熊本工・内田「自分の野球できた」 敗れたものの、主軸の役割果たす2安打1打点

【熊本工-関東一】七回表熊本工無死、内田が三塁強襲の二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、山田尚弘撮影

○関東一6―5熊本工●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 熊本工の4番・内田は2安打1打点と主砲の役割を果たした。1点を追う四回2死二塁では落ちる変化球を捉えて右前適時打を放ち、先頭打者の七回は三塁強襲の二塁打で反撃の口火を切った。1回戦に続く2安打に「自分の野球をできたことはよかった」。

 打率2割1分1厘に終わった熊本大会後、構える姿勢を低くするなど、始動を早めて変化球に対応できるようにしたことが奏功した。しかし、この日は勝利につながらず、「粘り強く点を取りにいくことができなかった」と悔いも残った。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト