メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

関東一・土屋 九回2連続暴投は「低め意識の結果」 落ち着いて甲子園初完投

【熊本工-関東一】関東一先発の土屋=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

 ○関東一6-5熊本工●=14日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 関東一のエース右腕・土屋は5失点ながら甲子園初完投。2点リードの九回1死一塁、1回戦でサヨナラ本塁打を放った7番・山口を迎え、2ストライクから2球連続暴投で三進を許したが、「低めを意識した結果。一発だけ気をつける」と落ち着いていた。スライダーで遊ゴロに仕留め、次打者もスライダーで遊ゴロに打ち取った。

 中学3年生の夏に右肘を痛めながら、全国大会決勝で奥川(現星稜)と投げ合って準優勝。高校では今夏だけに照準を合わせて走り込んできた。「この夏にかけてきてよかった」と喜んだ。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト