メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

逃げ切り許した熊本工 田島監督「普段しないミス出た」関東一の圧力に翻弄され

【熊本工-関東一】四回表熊本工2死二塁、内田が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月14日、久保玲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第3試合で関東一(東東京)が6-5で熊本工(熊本)を降した。熊本工の田島圭介監督は、「関東一の積極的な走塁が、選手たちに見えないプレッシャーを与えていたのかなと思う」と語った。田島監督の主な談話は次の通り。【池田直】

これが全国の壁なのかな

 中盤までは1―1で付いていくゲームができていたが、ミスから五回にビッグイニングを作られた。それがすべてだと思う。

 一回の大久保翔太選手の二盗、三盗をはじめとする関東一の積極的な走塁が、選手たちに見えないプレッシャーを与えていたのかなと思う。警戒はもちろんしていたが、慌ててしまい、普段しない送球ミスも出た。

 関東一はまっすぐを強打していたので、林彪太郎投手の変化球のキレに期待した。コントロールに苦しみながらも、彼なりに関東一の強力打線をうまい具合にずらしてくれたのかなと思う。よく頑張ったと評価したい。

 七回の反撃は、つないでつないでとやってきた彼らの意地を見せてくれたと思う。非常に個性の強いチームだった。アウトを二つ取られてもビッグイニングを作れる不思議な子たちの集まりだった。

 この大会で2試合させてもらって、いろんな課題をいただいた。初戦もそうだったが、(相手は)総合力が高く、積極的な走塁や前に進ませない守備などを勉強させられた。これが全国の壁なのかなと感じた。

広告
毎日新聞のアカウント

8月18日の試合

話題の記事

関連サイト