メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱戦を終えて~監督・主将コメント

完投勝利の関東一・土屋の"技"評価 米沢監督「我慢強い投球だった」

【熊本工-関東一】一回裏関東一無死一塁、打者・村岡のとき、大久保が二盗成功(野手・吉山)=阪神甲子園球場で2019年8月14日、久保玲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は大会第9日の14日、第3試合で関東一(東東京)が6-5で熊本工(熊本)を降した。関東一の米沢貴光監督は、「継投も頭にあったが、土屋が少しずらすボールなど「技」で勝負してくれた」と完投した土屋大和投手を評価した。米沢監督の主な談話は次の通り。【朝比奈由佳】

今までやってきたことは全て出せた

 中盤から追い上げられたが、見事に振り切った。簡単にいかない試合だとはわかっていた。ただ、七回に落ち着いて1点取り返すことができたことが良かった。

 今日の先発、土屋大和投手も初回から落ち着いており、我慢強い投球だった。熊本工の打線は直球に強いと考えていた。継投も頭にあったが、土屋が少しずらすボールなど「技」で勝負してくれた。谷幸之助投手の状態がよくなかったこともあり、途中で土屋で完投させようと決めた。

 五回に5連打で4得点し、一気に突き放すことができた。外野が前進している中でも走塁で点を取るという、今までやってきたことは全て出せた。渋谷嘉人主将の盗塁は「行っていいよ」というサインを出していた。彼のタイミングで勇気を持って走ってくれたと思う。

 今日は守備に助けられた試合だった。4年ぶりの3回戦進出で、次は鶴岡東との対戦。素晴らしい2人の投手がいるが、守備と機動力を生かして自分たちらしい野球をしたい。

広告
毎日新聞のアカウント

8月22日の試合

話題の記事

関連サイト