メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

失敗直後にまた盗塁 関東一、機動力でかき回す 俊足の渋谷「走塁は裏切らない」

【熊本工-関東一】五回裏関東一2死二塁、重政の左前打で渋谷が生還(捕手・青山)=阪神甲子園球場で2019年8月14日、幾島健太郎撮影

○関東一(東東京)6-5熊本工(熊本)●=14日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・2回戦)

 熊本工の左腕・林は少し安心した。関東一1点リードの五回1死一塁、巧みなけん制で一塁走者・野口をアウト(記録は盗塁死)にして「やっと打者に集中できる」とホッとしたからだ。

【熊本工-関東一】熊本工先発の林=阪神甲子園球場で2019年8月14日、森園道子撮影

 だが、打者の渋谷は左前打を放つと、打者・重政の4球目に二盗を成功させた。これで盗塁を警戒し、変化球を投げにくくなった相手バッテリーの配球を読み、重政、続く初谷とも直球を狙い打って連続適時打。敵失もあり、この回一挙4点を奪った。渋谷は「走塁で攻めた結果、点を取れたのがよかった」と喜んだ。

 野口の盗塁死の直後、渋谷に盗塁のサインを出した米沢監督。決してギャンブルではない。渋谷は「投手はけん制でアウトにし、ホッとしているはず。その隙(すき)を突こうと思った」と明かす。50メートル6秒2の俊足に加え、一塁に戻る動きを一瞬見せてから反転してスタートを切る工夫もあった。

 この日はチームで4盗塁。東東京大会6試合で19盗塁を決めた機動力野球を甲子園でも展開した。「走塁は裏切らない」と渋谷。普段の練習時間の約7割を走塁に費やしてきた選手たちの自信と勇気が、失敗を恐れない果敢な走塁を生んでいる。【大東祐紀】

広告
毎日新聞のアカウント

8月17日の試合

話題の記事

関連サイト