メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

関東一6-5熊本工 関東一、攻める走

【熊本工-関東一】五回裏関東一2死二塁、重政の左前打で渋谷が生還(捕手・青山)=幾島健太郎撮影

第9日(14日・阪神甲子園球場)

 関東一が足を絡めた攻撃や敵失に乗じて得点し、逃げ切った。同点の五回1死三塁から野口の左前適時打で勝ち越し。さらに2死一塁から渋谷が二盗を決め、重政の左前適時打で生還するなど、この回4点を挙げた。熊本工は七回に山口の左前2点適時打などで追い上げたが、4失策2暴投と要所で守りが乱れたのが痛かった。

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです