メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商、投手陣の踏ん張りがカギ 宇部鴻城は接戦に勝機 3回戦前に両監督抱負

宇部鴻城の尾崎公彦監督=堀菜菜子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第10日の16日、第3試合(午後1時開始予定)で明石商(兵庫)と宇部鴻城(山口)が対戦する。明石商の狭間善徳監督(55)と、宇部鴻城の尾崎公彦監督(49)に相手の印象や意気込みを聞いた。【韓光勲、堀菜菜子】

 ――相手チームの印象は

 狭間監督 池村健太郎(3年)と岡田佑斗(同)の両投手を中心に投手力が高い。初戦で15安打を放った打線は勢いがある。

 尾崎監督 センバツ4強の強豪校。投打ともレベルが高く、豪快さと繊細さを兼ね備えたチームだ。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです