メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商、投手陣の踏ん張りがカギ 宇部鴻城は接戦に勝機 3回戦前に両監督抱負

宇部鴻城の尾崎公彦監督=堀菜菜子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第10日の16日、第3試合(午後1時開始予定)で明石商(兵庫)と宇部鴻城(山口)が対戦する。明石商の狭間善徳監督(55)と、宇部鴻城の尾崎公彦監督(49)に相手の印象や意気込みを聞いた。【韓光勲、堀菜菜子】

 ――相手チームの印象は

 狭間監督 池村健太郎(3年)と岡田佑斗(同)の両投手を中心に投手力が高い。初戦で15安打を放った打線は勢いがある。

 尾崎監督 センバツ4強の強豪校。投打ともレベルが高く、豪快さと繊細さを兼ね備えたチームだ。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです