メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神電鉄が「甲子園歴史館」拡張へ 隣接地に複合施設 2021年開業目指す

阪神電鉄が複合施設建設を計画している兵庫県西宮市の市有地=2019年7月25日午後3時34分、井上元宏撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の熱戦が繰り広げられている阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)。阪神電鉄が、隣接する市有地に野球関連の複合施設を建設し、球場内にある、高校野球と阪神タイガースなどの名勝負や名選手を紹介する甲子園歴史館を拡張する計画を西宮市に提案している。市と用地の賃借を前提に協議を進めており、今秋までの基本協定締結、2021年の施設開業を目指している。

 甲子園歴史館は10年、球場外野席側の1、2階にオープン。延べ約1900平方メートルの施設に、甲子園…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文567文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです