メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商、10番・杉戸が緩急使い2失点完投 エース中森を温存できた

【宇部鴻城-明石商】明石商先発の杉戸=阪神甲子園球場で2019年8月16日、幾島健太郎撮影

○明石商3―2宇部鴻城●=16日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・3回戦)

 明石商はエース右腕・中森を温存し、代わって甲子園初先発した背番号10の左横手・杉戸が2失点完投を飾った。高校の公式戦で初めて投げたカーブが効果的だった。宇部鴻城打線について「緩急に弱い」という分析を踏まえ、3日前か…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです