メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

鮮やかなサヨナラスクイズ 明石商・狭間監督「こんな試合ができて、野球をやっていて良かった」

明石商の狭間善徳監督=韓光勲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第10日の16日、第3試合で明石商(兵庫)が3-2で宇部鴻城(山口)を降した。明石商の狭間善徳監督は、「こんな試合ができて、野球をやっていて良かった。サヨナラのスクイズの場面は、攻撃の引き出しは全て持っているので、どんな状況になっても用意はできていた」と話した。狭間監督の主な談話は次の通り。【松室花実】

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです