メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 あきらめない海星、あと一歩 スタンドから温かい拍手 /長崎

八戸学院光星に敗れた後、グラウンドの土を集める海星の選手たち

 第101回全国高校野球選手権大会第10日の16日、長崎代表の海星は3回戦で青森代表の八戸学院光星と対戦。接戦の末、6-7でサヨナラ負けした。夏の甲子園では1976年以来43年ぶりとなる8強入りはならなかったが、攻守にわたり粘り強く戦った選手たちに、スタンドを埋めた応援団からは温かい拍手が送られた。【石井尚、池田直】

 先手を取ったのは海星だった。一回2死二塁の好機の打席に立ったのは高谷艦太選手(3年)。「狙っていた…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

  3. 秋の高校野球 秋季北信越地区高校野球大会 きょう準決勝 ライブで中継 /石川

  4. プリンセス駅伝in宗像・福津 あす号砲 出場チーム紹介(その1)

  5. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです