メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

対戦相手、データで丸裸 中京院中京、分析でバックアップ

 中京学院大中京(岐阜)の武器は、社会人野球仕込みの本格的なデータ分析だ。その中心は記録員としてベンチ入りする若山陽(ひなた)さん(3年)。16日の東海大相模(神奈川)との3回戦は、狙い球をしぼり、中盤から終盤で巻き返す予測通りの展開に持ち込み、逆転勝ちで8強入りを決めた。

 2点差を追う七回、打者一巡の猛攻で7点を挙げ逆転に成功した。若山さんは「相手投手の変化球を見極め、甘く入った直球を打てるかが勝負だと話していた。それを徹底した結果が七回のビッグイニングにつながった」と振り返った。

 データ分析を指導しているのは、森昌彦コーチ(53)。NTT東海(当時)で都市対抗野球に出場したほか…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです