メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

球史に残る延長十八回箕島戦 当時の星稜マネジャー、ユニホームを甲子園歴史館に寄贈

1979年当時の星稜(石川)のユニホームを寄贈した谷村誠一郎さん(右)。左は山下智茂名誉監督、中央は菅藤浩希・阪神甲子園球場副球場長=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2019年8月17日午前9時8分、井手千夏撮影

 高校野球史に残る延長十八回の激闘になった1979年夏の箕島(和歌山)―星稜(石川)戦から40年。星稜OBで当時マネジャーだった石川県立ろう学校教頭、谷村誠一郎さん(57)が17日、阪神甲子園球場内にある甲子園歴史館に、当時のチームが使っていたユニホームを寄贈した。現存するのはこの1着のみとみられ、谷村さんは「多くのファンに見てほしい」と話している。

 歴史館には箕島―星稜戦のコーナーもあるが、展示されているのは現行デザインのユニホーム。寄贈されたの…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文623文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです