メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

勝因は右打者の内角切り捨て 履正社岡田「甲子園が選手を大きく」

◇大会第35号◇【高岡商-履正社】六回裏履正社1死一塁、井上が2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月17日、久保玲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第11日の17日、第1試合で履正社(大阪)が9-4で高岡商(富山)を降した。履正社の岡田龍生監督は「打点でなく打線で攻めていく野球ができた」と勝因を語った。岡田監督の主な談話は次の通り。【菅健吾】

内角を捨て、甘い球をセンター方向に

 履正社野球部の歴史を塗り替えてくれた。選手たちがのびのびとバットを振ってくれた。甲子園は選手たちを大きくしてくれることを実感する。

 相手の投手は左右に上手に投げ分け、内角に自然とシュートして入れてくる。右打者にやっかいな球。予想以上に曲がっていると聞いたので、右方向を意識すると打てない。桃谷には「引っ張れ」と言ったが、桃谷が遊ゴロに倒れた時に「狙っても打てない」とのことだった。だから、もう捨てようと決めた。内角を捨て、甘い球をセンター方向に打てていた。思い切りがいい。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです