メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝負の鍵は終盤戦か 4強かけ対戦の作新学院と中京学院大中京、両監督に聞いた 

作新学院の小針崇宏監督(右)と中京学院大中京の橋本哲也監督

 第101回全国高校野球選手権大会の第12日第2試合(18日午前10時半開始予定)で、作新学院(栃木)と中京学院大中京(岐阜)が準決勝進出を懸けて対戦する。作新学院の小針崇宏監督と中京学院大中京の橋本哲也監督に意気込みなどを聞いた。【玉井滉大、朝比奈由佳】

 ――チーム状態は。

 小針監督 甲子園に来てから積極的なプレーができており、甲子園の雰囲気や流れにも乗っている。選手は「思い切ってプレーするんだ」という精神状態だと思う。

 橋本監督 全体的に今大会は最高の状態で来ている。ここまで来たら楽しく野球をやらせたい。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです