メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

1点差の好ゲーム制した明石商・狭間監督は「子どもたちがよく辛抱した」 春夏連続の4強

【明石商-八戸学院光星】一回表明石商1死一、三塁、福井がスクイズを決める=阪神甲子園球場で2019年8月18日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、第1試合で明石商(兵庫)が7-6で八戸学院光星(青森)に競り勝った。今春のセンバツに続いて準決勝進出となった明石商の狭間善徳監督「自分は倒れそうだったが、子どもたちがよく辛抱してくれた。4強はでき過ぎ。1日対策を考えて準決勝に挑む」と1点差の熱戦を振り返った。明石商の狭間監督の主な談話は次の通り。【黒詰拓也】

子どもたちが「優勝したい」と言っている

 明石商・狭間善徳監督 本当に苦しい試合だった。自分は倒れそうだったが、子どもたちがよく辛抱してくれた。メンバーは、部員111人の代表として最後まで諦めないという気持ちがプレーに出ている。今春のセンバツに続く4強はでき過ぎ。(休養日の19日は)1日対策を考えて準決勝に挑む。

 目の前の一戦が大切だが、子どもたちが「優勝したい」と言っているので、(決勝までの投手陣のやりくりを考えて)先発は中森ではなく、連投できる杉戸にし、溝尾を挟んだ。ただ、苦しい展開を想定して中森を途中から登板させるつもりで、本人にも伝えていた。

 相手の下山投手の先発は予想外だったが、安藤の3ランなどで序盤に得点できたのが大きかった。八回の守備の2死一、三塁の場面で、スタートを切った一塁走者をうまく挟殺し、得点を防いだのは練習してきたから。大舞台でも普段通りプレーできるよう、繰り返してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです