メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

1点差で4強逃した八戸学院光星・仲井監督が総括 「大会を通じて本当に粘り強いチームになった」

【明石商-八戸学院光星】一回表明石商1死一塁、八戸学院光星の伊藤が重宮の打球に飛びつくも及ばず内野安打になる=阪神甲子園球場で2019年8月18日、玉城達郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、第1試合で明石商(兵庫)が7-6で八戸学院光星(青森)を降した。一時は同点としながら、準決勝を逃した八戸学院光星・仲井宗基監督督は「大会を通じて本当に粘り強いチームになった。選手たちはよく頑張ってくれた。今日は勝ち越せなかったことが敗因」と接戦を振り返った。八戸学院光星の仲井監督の主な談話は次の通り。【池田直】

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです