メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商・中森、声援に「アドレナリン出ました」 自己最速151キロ、速球で締める

【明石商-八戸学院光星】最後の打者を打ち取り、拳を固める明石商の中森=阪神甲子園球場で2019年8月18日、幾島健太郎撮影

[PR]

〇明石商7-6八戸学院光星●=18日・阪神甲子園球場(第101回全国高校野球選手権大会・準々決勝)

 マウンドに背番号1が向かうと、球場から大きな拍手が湧き起こった。6―6の七回、八戸学院光星が2死三塁の勝ち越し機を迎えたところで、明石商の右腕・中森に出番が回ってきた。

 「一、二塁が空いていて投げやすいだろう」(狭間監督)。監督の思惑通り、中森は伸びのある速球で押した。2番・島袋への2球目に自己最速の151キロをマークすると、フルカウントからの6球目も151キロの速球を内角に投じ、一邪飛に仕留めた。

 2回戦の花咲徳栄(埼玉)戦(11日)で135球を投げ、6安打完投。3回戦の宇部鴻城(山口)戦では3年生左腕・杉戸が完投した。中6日空いた中森は先発も十分可能な状況だった。

 だが、狭間監督には狙いがあった。「優勝からの逆算」だ。今後日程が詰まれば中森に頼る場面は増えると考え、この日は2、3イニング限定と決めていた。

 中森にもこの試合にかける気持ちがあった。前回大会1回戦では同じ八戸学院光星を相手に3番手で登板し、延長十回に勝ち越し点を奪われた。「(マウンドに上がった時の拍手は)聞こえてました。アドレナリンが出ました」。観客の声援を背に、きっちり試合を締めた2年生。1年間の成長を存分に見せた。【村田隆和】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです