メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

24年ぶりの4強、星稜・山瀬主将は「日に日に強くなっているのを実感している」

【星稜-仙台育英】八回表星稜無死、内山(左手前)の本塁打にベンチで立ち上がって喜ぶ奥川=阪神甲子園球場で2019年8月18日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第12日の18日、第3試合で星稜(石川)が17-1で仙台育英(宮城)を降し、準決勝進出を決めた。1995年以来24年ぶりの4強入りとなった星稜の山瀬慎之助主将は「打線がつながってよかった。自分以外は100点。日に日に強くなっているのを実感している」と快勝を振り返った。星稜の山瀬主将の主な談話は次の通り。【柴山雄太】

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文473文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです