メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

難病に負けず立ち続け 1回戦後離脱、コーチで復帰 関東一・金森選手

一回表に3点本塁打を放った平泉遼馬選手(左手前)に声を掛ける金森優三塁コーチ=阪神甲子園球場で18日、久保玲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会で、関東一(東東京)の金森優選手(3年)は難病を抱えながら、甲子園に立ち続けた。10日の1回戦に途中出場した後、症状が悪化。一旦帰京して治療を受け、医師の許可を得て再び甲子園に戻り、18日の準々決勝で履正社(大阪)に敗れるまで、三塁コーチを務め上げた。冷静な判断力に、ナインから絶対的な信頼を得ている金森選手。病気と付き合いながら駆け抜けた「夏」が終わった。【安達恒太郎】

 高校1年の冬、顔や体がむくんで思うように体が動かせなくなった。腎機能が低下する難病「ネフローゼ症候…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文977文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです