メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

仙台育英、4強届かず 監督・主将の話 /宮城

先制したかった 仙台育英・須江航監督

 なんとか先に1点取りたかったが、それができなかった。登板した全ての投手が打たれてしまったが、やれることは尽くした。相手が自分たちをはるかに上回っていた。環境が大きく変わっていく中で、3年生は見える部分でも見えない部分でも本当によく頑張ってくれた。1、2年生は3年生から多くのことを学んだ。こ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです