メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

作新に魔の八回 堂々8強、拍手やまず 監督・主将の話 /栃木

納得できる3試合 作新学院・小針崇宏監督

 一回に4番の石井で点を取り、チームに勢いが出た。石井は頼もしい主将だった。ただチームは後半にかけてバットが振れなくなり、向こうの流れになった。選手が甲子園で成長して、納得できる3試合を戦えた。

一歩届かず悔しい 作新学院・石井巧主将

 逆転された後も諦めていなかったが、あと…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文232文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです