メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

高岡商選手ら晴れやかに帰郷「力を全て出し切った」 おかえり。よくやった。 /富山

在校生や保護者に感謝を伝える高岡商の森田朝陽主将(手前右)ら=富山県高岡市横田の同校で、森野俊撮影

 夏の甲子園で2勝を挙げ、3回戦で履正社(大阪)に敗れた高岡商ナインが18日、帰郷した。高岡市横田の同校には生徒や保護者ら約150人が集まり、拍手で出迎えた。

 午後1時ごろ、選手らを乗せたバスが学校に到着。「おかえり」「よくやった」と拍手が起こり、宮岸毅校長が「すがすがしくやり切ったという表情で帰っ…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです