メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星稜・奥川、ブルペン入らず 中京学院大中京戦に闘志「任されたところできっちり」

キャッチボールをする星稜の奥川=兵庫県西宮市で2019年8月19日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝2試合が行われ、履正社(大阪)―明石商(兵庫)、中京学院大中京(岐阜)―星稜(石川)が対戦する。19日は休養日で、履正社と明石商は自校のグラウンドで、星稜は兵庫県内のグラウンドでそれぞれ練習し、中京学院大中京は本格的な練習をせずに大阪府内の宿舎近くの公園で体を軽く動かした。星稜は準優勝した第77回大会(1995年)以来2度目の決勝進出が懸かり、…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです