メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍵握る序盤 破壊力抜群・履正社打線、競り合いに強い明石商 4強第1試合見どころ

打撃練習をする明石商の来田=兵庫県明石市で2019年8月19日、幾島健太郎撮影

[PR]

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、準決勝2試合が予定されている。いずれも初の決勝進出を目指す、履正社(大阪)と明石商(兵庫)による第1試合の見どころを紹介する。

 ▽準決勝

第1試合(9時)

ストレッチをする履正社の清水=大阪府茨木市で2019年8月19日、久保玲撮影

履正社(大阪)―明石商(兵庫)

 序盤の攻防が鍵を握る。履正社打線は全4試合で2桁安打を放ち、早い回から得点を重ねて計34得点と破壊力抜群。1番・桃谷が打率4割4分4厘と好調で、4番・井上が計11打点と勝負強い。

 一方、明石商は全3試合で終盤に決勝点を奪い、1点差で競り勝ってきた。攻撃は重宮、安藤の中軸が好調のうえ、足や小技を絡めて好機を着実にものにする。立ち上がりにやや難のある右腕・中森が序盤を無難に切り抜け、接戦に持ち込みたい。

履正社vs明石商 今大会のデータ

 ▽試合数

履正社4、明石商3

▽打率

履正社.366、明石商.305

▽得点

履正社34、明石商14

▽本塁打

履正社6、明石商3

▽盗塁

履正社0、明石商3

▽犠打飛

履正社10、明石商11

▽失策

履正社1、明石商4

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです