メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

作新学院、8強の夏 「挑戦者」大舞台で勇躍 /栃木

【筑陽学園-作新学院】十回表作新学院無死一塁、打者・松尾のとき、福田が二盗。遊撃手・中村=阪神甲子園球場で

 第101回全国高校野球選手権大会で全国の強豪を相手に2勝を挙げ、ベスト8に進出した県代表の作新学院。秋、春と思うような結果が出ずに苦しんだチームは「自分たちは挑戦者」という意識で結束し、甲子園の大舞台で持ち味の攻撃野球を見せつけた。チームの戦いと成長を振り返る。【玉井滉大】

実戦形式の打撃練習奏功

 甲子園入りした当初、選手はみな「校歌を歌いたい」と緊張した表情だった。3年前の全国制覇を見て入部してきた世代。しかし、入学後は甲子園で一度も勝利を挙げられていなかった。

 3日の抽選会で初戦が大会6日目の11日となった。小針崇宏監督や選手が口にしたのは「練習できるのでま…

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです