メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

【履正社-明石商】一回表履正社1死一、二塁、内倉が適時二塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

○履正社(大阪)7-1明石商(兵庫)●=20日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・準決勝)

 投打のかみ合った履正社が快勝した。一回に池田、内倉、西川の適時短長打で4点先制。五回に野口の右前適時打、九回も野口の中前2点適時打で加点した。状況に応じて強振せず、巧みに野手の間を狙う打撃も光った。今大会初先発…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです