メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

センバツに続き夏も4強の壁に阻まれ 明石商・重宮主将「投手陣援護できず悔しい」

【履正社-明石商】一回裏明石商無死、来田(手前)が中越え本塁打を放ち、拳を突き上げる=阪神甲子園球場で2019年8月20日、森園道子撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、準決勝第1試合で履正社(大阪)が7-1で明石商(兵庫)を降し、初の決勝進出を決めた。今春のセンバツに続き4強で涙をのんだ明石商の重宮涼主将は「決勝への壁は厚かった。負けはしたが甲子園は最高の舞台だった」と語った。重宮主将の主な談話は次の通り。【黒詰拓也】

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです