メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

明石商・狭間監督「エース級2人難しい」 好投手揃え4強も、公立の厳しさ吐露

明石商の狭間善徳監督=韓光勲撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第13日の20日、準決勝第1試合で履正社(大阪)が7-1で明石商(兵庫)を降し、初の決勝進出を決めた。明石商の狭間善徳監督は「高めの球を振らないよう指示したが、手が出てしまった。」と敗因を語った。狭間監督の主な談話は次の通り。【韓光勲】

いいプレー、自然と体で表現してしまう

 完敗だ。履正社の打撃が一枚も二枚も上手だった。中森投手は不器用なところがあり、一回は上半身と下半身がかみ合っていなかった。一回の4失点がなければ、勝負にはなっていたと思う。打撃では、高めの球を振らないよう指示したが、手が出てしまった。2ストライクから高めを振りすぎてしまったのが予想外だった。

 (大会期間中、中森投手を休ませながら起用したのは)勝てそうな投手陣を作れたから、休ませることができ…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです