メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

【中京学院大中京-星稜】三回裏星稜2死三塁、福本が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月20日、森園道子撮影

[PR]

○星稜(石川)9-0中京学院大中京(岐阜)●=20日・甲子園(第101回全国高校野球選手権大会・準決勝)

 星稜が投打で圧倒し、零封勝ちした。一回に内山の右犠飛で先制し、二回は東海林の右前適時打で加点。三回は福本、山瀬の適時打に敵失も絡んで4点、七回にも奥川、山瀬の連続適時二塁打で3点を加えた。先発・奥川は球威のある直球に変化球も駆使し、7回2安打に抑えて10奪三振無四球。八回に救援した寺沢も走者を許さなかった。

 中京学院大中京は序盤、投手陣が四球でピンチを広げて失点。打線も沈黙し、二塁を踏めなかった。

 星稜・林和成監督 小刻みに加点し、理想的な展開。奥川は制球が良く、きっちり試合を作ってくれた。点差が開いたこともあり、八回で継投した。

 中京学院大中京・橋本哲也監督 奥川君の球は切れも制球も想像以上。不後は体が重そうだったが、継投は想定通り。完敗だが、持てる力は出した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです