メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

初V懸け、履正社VS星稜

20日、決勝進出を決め、応援団へあいさつに向かう選手たち。(上)履正社=玉城達郎撮影(下)星稜=幾島健太郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は第13日の20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝2試合を行い、履正社(大阪)と星稜(石川)が決勝進出を決めた。21日は休養日で、決勝は22日午後2時から同球場であり、両校はともに春夏…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです