メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

履正社7-1明石商 履正社、強気1番 先手必勝

【履正社-明石商】一回表履正社無死、先頭打者の桃谷が中越え三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月20日、玉城達郎撮影

 投打のかみ合った履正社が快勝した。一回に池田、内倉、西川の適時短長打で4点先制。五回に野口の右前適時打、九回も野口の中前2点適時打で加点した。状況に応じて強振せず、巧みに野手の間を狙う打撃も光った。今大会初先発の岩崎は緩急をつけて散発6安打に抑え、10奪三振、無四球で1失点完投。明石商は先発・中森が立ち上がりに集中打を浴び、打線もつながりを欠いて一回の先頭・来田の中越えソロのみに終わった。

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです