メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

星稜9-0中京学院大中京 星稜の不動1番、臨機応変

【中京学院大中京-星稜】一回裏星稜無死、東海林が中前打を放つ=阪神甲子園球場で2019年8月20日、幾島健太郎撮影

準決勝(20日・阪神甲子園球場)

 星稜が投打で圧倒し、零封勝ちした。一回に内山の右犠飛で先制し、二回は東海林の右前適時打で加点。三回は福本、山瀬の適時打に敵失も絡んで4点、七回にも奥川、山瀬の連続適時二塁打で3点を加えた。先発・奥川は球威のある直球に変化球も駆使し、7回2安打に抑えて10奪三振無四球。八回に救援した寺沢も走者を許さなかった。中京学院大中京は序盤、投手陣が四球でピンチを広げて失点。打線も沈黙し、二塁を踏めなかった。

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです