メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松井秀喜さん 母校の星稜準Vに「何か新たな宿題が残った」

松井秀喜さん

 第101回全国高校野球選手権大会は第14日の22日、決勝で履正社(大阪)と星稜(石川)が対戦。初の決勝に臨んだ履正社が5-3で勝ち、初優勝を決めた。星稜OBの松井秀喜さん(元巨人、ヤンキースなど)は決勝終了後に大会主催者を通じ、次のコメントを出した。

    ◇

 勝者と敗者が必ず出てしまうのが野球です。(星稜の)七回の同点劇…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです