メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱戦を終えて~監督・主将コメント

履正社・野口主将、奥川の「低めは捨てることをチームで徹底」 好投手攻略を振り返った

【履正社-星稜】八回表履正社1死三塁、野口が中前適時打を放ち、雄たけびを上げる=阪神甲子園球場で2019年8月22日、玉城達郎撮影

 第101回全国高校野球選手権大会は第14日の22日、決勝で履正社(大阪)と星稜(石川)が対戦。初の決勝に臨んだ履正社が5-3で勝ち、初優勝を決めた。大阪勢の優勝は前回大会の大阪桐蔭に続き2年連続。悲願の初優勝を果たした履正社の野口海音主将は「(星稜の)奥川投手の球は、春と比べて球威も上がって変化球もキレを増していた。だが、事前に低めの球は切り捨てることをチーム内で徹底。センバツはヒット3本に抑えられたが、今回は11本打てた」と奥川攻略を振り返った。野口主将の主な談話は次の通り。【隈元悠太】

 なんとしてでも日本一というのを目指していて、岡田監督に優勝を届けることができて良かった。新チームになってから苦しいこともあったが、スタンドも一丸となって優勝ができてう…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  2. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  3. 中日3連勝 アルモンテの2ラン 平田適時打 勝野が2勝目

  4. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです