メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

星稜・奥川、持ち味の制球乱れ 浮いたスライダー痛打 潮目変わった三回2死

【履正社-星稜】三回表履正社2死一、二塁、井上に中越え3点本塁打を打たれ、舌を出す星稜の奥川=阪神甲子園球場で2019年8月22日、久保玲撮影

 150キロの直球が根負けしたように低めに外れた。1点リードの三回2死一塁、星稜のエース右腕・奥川が履正社の3番・小深田に投じた5球目。今大会初めて2者連続四球を与えると、直後に逆転中越え3ランを浴びた。持ち味の制球が乱れて「打線が力を示したのに、粘れず申し訳ない」とうつむいた。

 この回の2死後に潮目が変わった。2番・池田に対し、カウント2―2から高めの直球を2球ファウルで粘られ、歩かせた。小深田には低めのスライダーを3球続けて見送られ、最後は直球が外れた。「相手は強く振る一方、際どい球はしっかり見送られ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 能力に差のない「人種」 今も残るゆがんだ先入観

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです