メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

履正社 深紅の優勝旗持ち宿舎を後に 監督「新たなスタート」

優勝旗を手に宿舎を出る履正社の選手たち=大阪市住之江区で2019年8月23日午前8時47分、望月亮一撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で初優勝した履正社(大阪)の選手らは23日午前、深紅の優勝旗を手に、約3週間を過ごした大阪市住之江区の宿舎を後にした。

 野口海音(みのん)主将(3年)は、取材対応や治療などで就寝が午前0時を…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです