メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「優勝旗、日本一の重み」履正社ナイン母校に帰還 級友ら祝福

優勝旗を手に学校に戻り、生徒らの出迎えを受ける履正社の選手たち=大阪府豊中市で2019年8月23日午前11時20分、木葉健二撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で初優勝した履正社(大阪)の選手らは23日午前、約3週間を過ごした大阪市住之江区の宿舎を後にした。深紅の優勝旗を手に、大阪府豊中市の同校に戻ると、生徒ら約200人に祝福された。

 野口海音(みのん)主将(3年)は同校で…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです