メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

準優勝の星稜ナイン、甲子園から帰郷 山瀬主将「一生の財産」

笑顔で準優勝の報告をする星稜の山瀬慎之助主将=金沢市で2019年8月23日午後5時52分、岩壁峻撮影

 夏の甲子園で準優勝した星稜ナインは23日夕、金沢市の同校に戻り、出迎えた保護者らの大きな拍手を受けた。

 選手らを乗せたバスは午後5時過ぎに学校に到着。約20年間にわたって遠征時の運転手を務める北陸交通の川淵和幸さん(61)は「車内は明るく盛り上がっていた。私にも最高の思い出」と笑った。

 報告会では、甲子園でも幾度となく響いたオリジナル応援曲「星…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです