メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球U18W杯壮行試合 高校日本代表先発に佐々木 「選んでいただき光栄」

記者会見した高校日本代表の(左から)奥川、永田監督、坂下、佐々木=東京都内で2019年8月25日午後6時44分、石川裕士撮影

[PR]

 韓国・機張(キジャン)で30日に開幕する野球の第29回U18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表は25日、東京都内で記者会見し、26日の大学日本代表との壮行試合(神宮)に最速163キロの右腕・佐々木(岩手・大船渡)が先発すると発表した。

 佐々木は「先発に選んでいただき光栄。チームに流れを持って来て、世界大会につながる投球をしたい」と抱負を語った。佐々木は24日の駒大との練習試合で九回に4番手で登板し1回を無失点に抑えた。

 永田監督は佐々木の先発起用について「全ての場面で試したかった」と説明。「できるだけ投手をつないでいく」と短いイニングで交代させることを示唆した。大学の先発は明大のプロ注目右腕・森下(4年・大分商)と発表された。

 25日の練習では、佐々木と、この日から参加した星稜(石川)の奥川が別メニューでノースロー調整。マッサージを受けたり、ランニングをしたりした。記者会見後、結団式が開かれ、主将の坂下(奈良・智弁学園)ら全選手20人が抱負を述べた。【石川裕士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです