メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

祖父と鍛えた技術 星稜の守備職人・山本伊織選手 野球への情熱、受け継ぐ /石川

甲子園大会期間中の練習で軽快な守備を見せる星稜の山本伊織選手=大阪府豊中市の豊中ローズ球場で2019年8月21日、井手千夏撮影

 第101回全国高校野球選手権大会で準優勝した星稜を守備で支えたのは、山本伊織内野手(3年)だった。今大会は二塁の控えに回ったが、少ない出場機会で再三の好守を披露。精巧なプレーは社会人野球・北陸銀行(現在は廃部)元監督の祖父良祐さん(74)=富山市=と磨き上げた。情熱を傾けた高校野球を終えた今、「おじいちゃんがいなければ野球をしていなかった。『教えてくれてありがとう』と伝えたい」と話す。【岩壁峻】

 山本選手は今大会、主に終盤からの守備固めで出場。立命館宇治との2回戦では一、二塁間に抜けそうな当た…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです