メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代打・熊崎 得意の「たたき」で追加点 スペシャリストの非凡な「凡打」

【あべの翔学-中京学院大中京】六回裏中京学院大中京1死満塁、代打・熊崎の遊ゴロで追加点を奪う=明石トーカロ球場で2019年8月29日、平川義之撮影

●あべの翔学(大阪)0―5中京学院大中京(東海・岐阜)○=29日(第64回全国高校軟式野球・準決勝)

 地面にたたきつけた打球が大きくバウンドした。中京学院大中京の代打・熊崎が六回、内野に高く球を弾ませる得意な「たたき」を披露。貴重な追加点をもたらし、チームに流れを呼び込んだ。

 1点を先取した後の1死満塁。代打で右打席に入った熊崎の狙いは内野ゴロで三塁走者を還すことだった。…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです