メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中京学院大中京六回、敵失から4点 水11K完投 崇徳追い上げ及ばず 

【中京学院大中京-崇徳】六回表中京学院大中京1死一、三塁、岡田の投ゴロで三塁走者・村瀬が生還=明石トーカロ球場で2019年8月31日、平川義之撮影

○中京学院大中京(東海・岐阜)5―2崇徳(西中国・広島)●=31日・明石トーカロ(第64回全国高校軟式野球・決勝)

 中京学院大中京が相手ミスに乗じた効率の良い攻撃で好機を生かした。六回に2四球と暴投で1死一、三塁とし、岡田の投ゴロ野選で先制。さらに敵失、早川の中前適時打と、わずか1安打で計4点を奪っ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです