メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崇徳・朧谷 意地の2点打 涙こらえ「みんなが回してくれた…」

【中京学院大中京-崇徳】七回裏崇徳2死二、三塁、朧谷が中堅へ2点適時打を放つ=明石トーカロ球場で2019年8月31日、平川義之撮影

○中京学院大中京(東海・岐阜)5―2崇徳(西中国・広島)●=31日・明石トーカロ(第64回全国高校軟式野球・決勝)

 崇徳の8番・朧谷が、中京学院大中京の3大会連続無失点を阻んで意地を見せた。5点を追う七回2死二、三塁。スライダーの切れが良い左腕・水に対し「追い込まれると打てないと思った」。1ボールか…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです