メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「硬式の分まで」同級生への思い 頂点で結実 中京学院大中京・村瀬主将

優勝旗を持ち、閉会式で場内一周する中京学院大中京の村瀬仁紀主将=明石トーカロ球場で2019年8月31日、平川義之撮影

 第64回全国高校軟式野球選手権大会は、中京学院大中京(東海・岐阜)が崇徳(西中国・広島)を降し、史上2校目の大会3連覇を成し遂げた。中京学院大中京の村瀬仁紀主将(3年)は、今夏甲子園で4強入りした同校硬式野球部メンバーと同級生。切磋琢磨(せっさたくま)してきた「球友」がこの夏、硬式と軟式の「二つの甲子園」で躍動した。【園部仁史、韓光勲、柴山雄太】

 村瀬主将と硬式野球部の申原(のぶはら)愛斗(まなと)選手(3年)はクラスメート。互いに全国制覇を目…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです