メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会地区予選 54チーム熱戦 14日開幕 組み合わせ決まる /愛媛

[PR]

 秋季四国地区高校野球県大会地区予選(県高野連主催)の組み合わせが31日、決まった。松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムなど6球場で開幕する。3地区に分かれ、東予22チーム、中予19チーム、南予13チームの計54チーム(今治西伯方と東予、小田と上浮穴と済美平成、八幡浜工と三瓶、南宇和と三間は連合チーム)が出場する。

 日程は東予、中予が9月14~16日の3日間で、南予は14、15日の2日間。東予、中予から各6チーム、南予から4チームの計16チームが県大会(28、29日、10月5、12日)に出場する。

 シード校は各地区の新人大会で4強入りした小松、済美、吉田など12校と夏の甲子園に出場した宇和島東の計13校。県大会上位3校は、10月26日開幕の徳島県のオロナミンC球場(鳴門市撫養町立岩)などで開かれ、来春センバツ出場校の参考資料となる秋季四国地区大会に出場する。【遠藤龍】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  5. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです