メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球 県大会 53校、対戦決まる 8日に「近畿」かけ開幕 /兵庫

2019年度秋季兵庫県高校野球大会の組み合わせ

[PR]

 秋季県高校野球大会(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が4日、明石市本町1の市民ホールであり、予選に当たる県内5地区のブロック大会を勝ち抜いた52校と、推薦で出場する明石商の計53校の対戦相手が決まった。今年の甲子園で春夏連続4強入りを果たした明石商は2回戦で科学技術と舞子の勝者と戦う。

     抽選会には、夏の大会後に発足した新チームの主将らが出席。緊張した表情で次々にくじを引いた。3年連続4回目の優勝を目指す明石商の来田涼斗主将(2年)は「選手が個性を発揮し、チーム一丸となれば強くなる。1戦を大切にしたい」と抱負を述べた。

     大会は8日に開幕し、県内6球場でトーナメント方式で行われる。準決勝は10月5日、決勝と3位決定戦は同6日、いずれも明石トーカロ球場で予定されている。

     上位3校は10月19日に、佐藤薬品スタジアム(奈良県橿原市)で開幕する近畿地区大会に出場する。県・近畿大会の成績は来春のセンバツ出場校を選ぶ際の参考資料になる。【峰本浩二】

    〔神戸版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです