メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本、守乱で白星スルリ 不慣れな複数ポジション、大一番でほころび

 持ち味の守りに乱れが出ては、リードは守れない。日本の目前に迫っていた白星が、するりとすり抜けた。

 2点リードの八回2死二、三塁。三塁手・石川(愛知・東邦)の前に緩いゴロが飛んだ。がっちりつかんで一塁へ。だが送球が低くなった。一塁手・韮沢(埼玉・花咲徳栄)が懸命に伸ばしたミットをかすめ、球はファウルグラウンドへ(記録は石川の悪送球)。2者の生還を許して追い付かれた。石川は「普段と何も違うところはなかった。自分のミスです」とうなだれた。

 韮沢は「自分が捕れればよかった」とかばったが、本職は遊撃手で一塁は代表合流後から練習。ミットもチームメートからの借り物だった。延長十回も無死一、二塁からバント処理した投手・林(滋賀・近江)の一塁悪送球が逆転サヨナラ負けの契機となった。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです