メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国地区高校野球県予選 55チーム、19日から熱戦 軟式は3チーム、14日対戦 /山口

[PR]

 来春のセンバツ出場校の選考資料になる第133回秋季中国地区高校野球大会県予選の組み合わせ抽選会が6日、防府市の防府天満宮であった。19日に開幕し、夏の甲子園ベスト16の宇部鴻城など計55チームが8ブロックに分かれ、県内4球場で熱戦を繰り広げる。

 各ブロックの勝者は、28日から下関市のオーヴィジョンスタジアム下関で始まる決勝大会に進み、上位3チームが中国大会(鳥取県、10月25日開幕)に出場する。

 一方、軟式の県体育大会高校野球競技は今月14日、柳井市のビジコム柳井スタジアムであり、3チームが総当たり戦で争う。第1試合(午前8時50分)は柳井商工―柳井、第2試合(午前11時40分)は柳井商工―田布施農工、第3試合(午後2時半)は柳井―田布施農工。優勝校と準優勝校は11月にビジコム柳井スタジアムで開催される中国地区高校軟式野球親善試合に出場する。【堀菜菜子】

〔山口版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです