メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会 組み合わせ決まる 14日開幕 /秋田

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)の組み合わせ抽選会が10日、秋田市のこまちスタジアムで行われ、対戦カードが決まった。地区予選を勝ち上がった18チームと、夏の甲子園出場で地区大会を免除された秋田中央の計19チームが熱戦を繰り広げる。

     秋田中央は初戦で能代松陽と、昨年優勝の秋田修英は秋田商と対戦する。開会式は14日午前8時半から同スタジアムであり、湯沢翔北の藤井南翔(みなと)主将(2年)が選手宣誓を務める。同校の主将が宣誓するのは2年連続。

     大会は14~17日、21、22日の計6日間、同スタジアムと秋田市のさきがけ八橋球場で行われる。上位3チームは10月11日に岩手県で開幕する東北大会への出場権を得る。東北大会は来春のセンバツ出場校を決める重要な資料となる。【高野裕士】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

    2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

    3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです